HOME アイランドタイム > 子連れ旅行:ホテルはどう選ぶ?年齢別ホテルの選び方。

 

ホテルはどう選ぶ?年齢別ホテルの選び方。

リゾート地として人気のグアム。子どもと一緒に滞在するなら思いっきり楽しみたいもの。そのためには、滞在するホテルにはこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。
 
子どもの生活リズムに合わせ、移動距離や時間を調節できるホテル、遊び盛りの子どもにぴったりの施設が整ったホテルなど種類も様々です。
 
今回は、グアム子連れ旅行でパパママが参考にしたいホテルの選び方をまとめてみました。
 
 

0〜2歳のベビー連れ

赤ちゃん連れなら、観光客が集まるエリアにあるホテルやサービスの充実しているホテルを選びましょう。
 
ホテル・ニッコー・グアムなどホテルによってはおしり拭きやオムツ専用のゴミ箱が用意されていたり、パシフィックアイランドクラブグアムではビーチで遊べるおもちゃやお出かけ時に必要なアイテムを貸し出ししてくれるところもあります。
 
お昼寝タイムになると部屋に戻れるくらいの距離にあるホテル、または、ビーチに直結しているホテルを選ぶと時間の調節や移動に便利です。
 

    それらの条件が揃っているホテル

・アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート(Outrigger Guam Beach Resort)
・ウェスティン リゾートグアム(The Westin Resort Guam)
・グアムリーフ&オリーブスパリゾート(Guam Reef&Olive Spa Resort)
・ハイアット リージェンシー グアム(Hyatt Regency Guam)
・ヒルトン グアム リゾート&スパ(hilton Guam Resort&Spa)
・ホテル・ニッコー・グアム(Hotel Nikko Guam)
 
ほとんどのホテルはベビーベットを無料で借りられるサービスもありますので、それらについては各ホテル予約の際にチェックしてみてください。
 
 

3〜5歳の幼児連れ

外出もスムーズになり遊ぶ時間も増える年齢です。ホテルは海に近いもの、幼児プールがあるもの、レストランが充実しているもの、ショッピングエリアに近いものなどのある程度の条件をみたしていれば、どこでも大丈夫でしょう。
 
この年齢の子どもにふさわしい客室は、隣り合った2つの部屋をつなげるタイプのコネクティングルームです。
 
子どもを隣の部屋でゆっくり休ませることで体調管理をしっかり行えます。また、廊下に出なくても内扉での行き来ができるので便利です。
 
<コネクティングルームがあるホテル>
・アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート(Outrigger Guam Beach Resort)
・ウェスティン リゾートグアム(The Westin Resort Guam)
・グアムリーフ&オリーブスパリゾート(Guam Reef&Olive Spa Resort)
・ハイアット リージェンシー グアム(Hyatt Regency Guam)
・ヒルトン グアム リゾート&スパ(Hilton Guam Resort&Spa)
・ホリデイリゾート&スパ グアム(Holiday Resort &Spa Guam)
・パシフィックスターリゾート&スパ(Pacific Star Resort&Spa)
・シェラトンラグーナグアムリゾート(Sheraton Laguna Guam Resort)
 
また、この年齢特有の元気いっぱいの子どもにぴったりの、広めの客室のファミリールームがおすすめです。
 
・オンワードビーチリゾート(Onward Beach Resort)
・パシフィックアイランドクラブグアム(Pacific Islands Club Guam)
・フィエスタリゾートグアム(Fiesta Resort Guam)
・ホテル・ニッコー・グアム(Hotel Nikko Guam)
・ホリデイリゾート&スパ グアム(Holiday Resort &Spa Guam)

 
客室の広さだけではなく、冷蔵庫や湯沸しポットなど生活に必要な最低限のアイテムがあったり、土足厳禁で清潔だったり、家具にコーナーガードを装着しているなど小さな子供連れファミリー向けにアレンジされています。
 
さらに、三世代家族向けの和室の大部屋などもあります。(グアムリーフ&オリーブスパリゾート)
 
これらの客室は数に限りがあります。

小学生連れ

遊び盛りのこの年齢にぴったりの施設が充実しているホテルを選びましょう。グアムにあるほとんどのホテルにはプールが併設されています。
 
・オンワードビーチリゾート(Onward Beach Resort)
・パシフィックアイランドクラブグアム(Pacific Islands Club Guam)
・グアムプラザリゾート&スパ(Guam Plaza Resort&Spa)
 
中でも、上記のホテルには一日中遊べるほどの大きなウォーターパークが完備されていて、宿泊者は無料で遊べます。大人も子どもも楽しめる施設を是非利用しましょう。
 
プール遊び以外にも、各ホテルで行われているキッズ向けアクティビティー、イベントなどをあらかじめ調べておいてホテルを選ぶと更によいでしょう。
 

子連れ利用ができるコンドミニアム

子連れ旅行者に便利なホテル以外の宿泊施設としてコンドミニアムがあります。
 
・ピアリゾートホテル&コンドミニアム(Pia Resort Hotel&Condominium)
・ピアマリンホテル&コンドミニアム(Pia Marine Hotel&Condominium)
・レオパレスリゾートグアム(Leo Palace Resort Guam)
 
家具付きのマンションのようなものでキッチンがついています。フルーツを切ったり、ちょっとした手料理を作ってあげたりと便利で、旅先でも自分の家のような感覚で過ごせます。
 

子どもと一緒のグアム旅行。ホテル選びはしっかりしたいもの。それぞれの年齢ならではの遊びのダイナミックさや生活リズムを考えてプランニングしましょう。
 
(注意)グアムでは12歳以下の子どもを一人にすることを禁止しています。場合によっては警察に追放されてしまうことも。ホテルの客室内、プール、お店などには必ず大人が一緒にいるようにしましょう。くれぐれも子どもから目を離さないように心がけ、旅を楽しみましょう。
 
 

2018/10/29 グアム Island Time

関連タグ